一般的な教材会社のサポートは、下記のようになっています。



・サポートがない、または明示されていない
・質問はできるが、回答が2週間後ということも
・出題傾向を知らない副業タイプ講師が回答

 

勉強を始めるなら、合格のアドバイスがもらえる環境で学習しましょう。

スピードスタディなら、試験対策専門のプロ講師が直接回答します。さらに、申込日または翌日から「FP試験メール対策講座」が平日毎日メールで届きます!だから、試験日まで勉強が続くのです。

こだわり1:質問は早ければ数分後、遅くとも翌営業日に試験対策専門のプロ講師が直接回答

あなたが試験勉強をする上で、わかりにくいところや、どうしてもうまくいかないところなど、いろいろつまずいてします場面が出てくることと思います。そうした場合には、スピードスタディにご相談ください。

スピードスタディの教材はもちろん、試験についてのご相談やお悩み、事前に聞いておきたいことなど、気軽にメールください。あなたが合格できるよう真剣に向き合い、あなたが合格できるようアドバイスいたします。

こだわり2:申込日または翌日から「FP試験メール対策講座」が平日毎日メールで届きます!

スピードスタディには、毎日続く仕組みがあります。それが、「FP試験メール対策講座」です。試験対策が専門のプロ講師が、FP試験合格のノウハウ、最新情報を平日毎日配信します。

FP試験は、幅広い知識が問われ、それをすべて暗記で乗り切るのは困難です。しかし、自分で体験したことは忘れにくいものです。そこで役に立つのが「FP試験メール対策講座」による記憶のヒモ付けです。日々のニュースとFP試験をヒモ付けた受講生限定のメールを受信できます。

例えば、

・iPhoneの発売日にタックスプランニングの●●
・大手生命保険会社の報道があった日には、その会社が強い商品の●●
・公的資料の発表日には、●●が●●を発表
・確定申告の時期には、確定申告特集


など

時事ネタとFPの試験問題を結び付けているので、ただテキストを読むより、断然記憶に残りやすいのです。このメールを見ておけば、iPhoneを見るたびに●●を思い出せるのです。もちろん、次の試験で「出る」ことが強く予想される問題をふまえたFP試験合格のノウハウ、最新情報を平日毎日メールで受信できます。

直近の試験でも、ほぼすべてのメールが的中するなど、驚異の的中率を打ち出しています。記憶はヒモ付けが大切。日々のメールが合格をつかみます。

送られてきた教材を自分でやるだけなので、やる気が続きません。





毎日届く「FP試験対策メール」でやる気が続く仕組みがあります。

<実際のメール>

----------------------------------------------------------
今日の1問【不動産】居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例
----------------------------------------------------------

次の各文章を読んで、正しいものまたは適切なものには○を、誤っているものまたは不適切なものには×で答えなさい。

(問)
居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例は、譲渡した年の1月1日において、譲渡した居住用財産の所有期間が5年を超えていなければ、適用を受けることができない。

----------------------------------------------------------
解答
----------------------------------------------------------

答 ×誤り
居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例には、譲渡した居住用財産の所有期間に関する適用要件はない。

----------------------------------------------------------
有賀の解説
----------------------------------------------------------

■居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例
(3,000万円特別控の特例)

「3,000万円特別控除の特例」は、譲渡する居住用財産の所有期間、居住期間にかかわらず、適用を受けることができ、譲渡所得の金額から3,000万円を控除することができます。

居住用財産とはマイホームのことです。
つまり、マイホームを売却した時、3,000万円以下の所得(もうけ)には税金を課さないということですね。

例えば、6,000万円でマイホームを買い、1億円で売却した場合、

1億円-6,000万円=所得4,000万円
本来であれば、この4,000万円に対して所得税、住民税が課税されます。

しかし、この3,000万円の特別控除の特例を使うと、所得4,000万円から特別に3,000万円も引いてくれるので、所得は1,000万円ということになります。

この特例、超太っ腹です!

もう一度言います。

この特例、超太っ腹です!

所有期間や居住期間の要件がないので、買って3年後に売ってもすぐに使えます。

この特例の適用要件を見ておきましょう。

(中略)

明日は、軽減税率の特例について見ていきましょう!

□試験前には、こんなメールが届いたりします

<実際のメール>

今日は日曜日ですが、試験1週間前の直前の特別配信です。
写真は撮りましたか?

試験会場近くのスピード写真で撮ろうと思うと5人くらい並んでいたりします。
今日か明日の会社帰りに撮っておきましょう!

・サイズ
顔写真(タテ3cm×ヨコ2.4cm 白黒・カラーとも可)
学科試験と実技試験の両方を受検する場合は、写真は2枚必要ですよ。

こだわり3:いっしょに勉強する仲間がいます

質問ができても、実際に質問をする人は少数です。しかし、スピードスタディには、いっしょに勉強する仲間がいます。プロ講師が受講生の質問で「これは!」という質問を選択し、平日毎日送られてくる「FP試験メール対策講座」で共有します。だから、ひとりでは気が付かなかった疑問点を知ることができ、新たな発見があります。

<実際のメール>

Q.昨日の用途地域は、全部覚える必要がありますか?
 例えば、カラオケボックスがどこに建てられるかなど・・・

A.その必要はありません。

出題されるのは、「住宅」がどこで建てられるか(建てられないか)だけですので、そこだけ押さえておきましょう。ほか(カラオケボックスなど)は、めったに出題されません

めったに出題されないところは、覚えるだけ時間の無駄です。
よく出るところを学習しましょう!

ちなみに、住宅には、共同住宅(アパート)、寄宿舎、下宿などがありますよ。

ご感想

スピードスタディ講座を、ご利用頂いた皆さんからのご感想の一部を紹介いたします

試験のことで悩みメールをしたところ有賀先生がすぐにメールで回答下さり、そのアドバイスを信じて合格できたものと思っています。KMさん

わからないところも質問できて、丁寧に答えて頂けました。IYさん

毎日届くメールの解説がわかりやすくユーモアあふれる一言で心を和ませ楽しみになっていました。IKさん

毎日のメールで知識もつき、とてもはげみになりました。ありがとうございます。FYさん

毎日届くメールが励みになりました。短期間でしたが目標を持って意欲的に取り組めたのはスピードスタディを選択し勉強したからだと思います。NAさん

メールでの質問にスピーディに分かりやすく答えていただけたのでよかった。毎日1問のメールがとても分かりやすく少しずつ積みあがってきてよかったので、もっと早くスピードスタディを申し込めばよかった。NMさん